低金利でお金を借りるには?お金を借りるなら金利をチェック!

1.低金利でお金を借りたい!その方法を徹底検証

生活をしていれば、急にお金が必要になり生活費が足りないといったことが起こります。
事故を起こしてしまったり、子供の教育費が足りない、急な出費によって住宅ローンや自動車ローンの支払いが難しくなるといったことも起こるかもしれません。
教育費なら教育ローンを組むという方法もありますが、もっと手軽に資金調達ができるのが、消費者金融や銀行が提供しているキャッシングや銀行カードローンです。
消費者金融なら即日融資もしていて手軽にお金を借りることができます。
このキャッシングやカードローンで気になるのが金利です。
消費者金融は銀行よりも金利が高いことで知られているのですが、利用の仕方によっては銀行よりもお得にお金を借りることができます。

キャッシング 金利


1-1.消費者金融は即日キャッシングにも対応!

大手消費者金融の大きなメリットに即日キャッシングがあります。
大手銀行でも即日融資をしているところはあるのですが、大手消費者金融の方が利便性が高いというメリットがあります。
銀行で即日融資に対応しているところの中には、利用しようとしている銀行の口座を持っていることが条件となっているところもあります。
このような条件があることにより、結局即日融資ができなかったという人もいるようです。
しかし、大手消費者金融では口座開設などの条件もなく、即日キャッシングを利用することができます。
急にお金が必要になったときに誰でも強い味方となってくれるのが消費者金融です。

1-2.専用の契約機なら土日でも利用できるから便利!

消費者金融と聞いてイメージするのが駅前などに設けられている専用の契約機という人もいるのではないでしょうか。
お金に困っていない時には特に気にもならないものですが、急にお金が必要になったときには特に気になるものです。
この専用の契約機が設けられているのが消費者金融の大きなメリットです。
お金を借りるということにあまり良いイメージを持っていない人も多く、誰にも知られることなくお金を借りたいという人も多いと思います。
専用の契約機を利用すれば、誰に会うことなくお金を借りることができます。
しかも、この契約機は土日でも営業し、契約機によっては深夜の24時まで営業しているというところもあります。

2.周りに内緒で低金利でお金を借りる方法

カードローンやキャッシングを利用するなら、低金利で借りたいと思うのは当然です。また、それに加えて周囲に内緒で利用したいといういう人も多いはず。
周囲に知られず借入をするには、在籍確認をクリアーしなければなりません。

 

2-1.審査時の在籍確認の電話に注意

自分の周りにいる人に知られる可能性があるのが在籍確認の電話です。
消費者金融の場合、在籍確認の電話では、担当者の個人名によって電話をかけてくれるため、誰にも知られることなくお金を借りられるのではないかと思いがちです。しかし、通常会社への電話は個人名ではなく社名を使って電話をかけてくることから、職場の人に怪しまれる心配があります。
この時のために、怪しまれないような言い訳を考えておきましょう。
クレジットカードを作った、何かの営業だったなど、何か言い訳を考えて、その言い訳を言い張れば意外に怪しまれることなく、その場をしのくことができます。

3.借り換えにもおすすめのカードローン

低金利でお金を借りる方法に、借り換えローンやおまとめローンなどがあります。
借り換えローンはその名の通り、借りている金融機関を変えるということで、高金利の金融機関から低金利の金融機関を利用すればそれだけ低金利でお金を借りることができます。
おまとめローンは複数の金融機関から借りているお金を、1社にまとめてしまうというもので、借りた額が大きくなるほど金利が低くなることから、低金利でお金を借りることにつながります。
多くの金融機関がこの借り換えローンやおまとめローンを提供しているので、すでにお金を借りているという人は、このようなローンを利用することも考えてみてはいかがでしょうか。

 

3-1.銀行系カードローンと消費者金融の違い

銀行系カードローンと消費者金融との違いに、法律があります。
消費者金融には総量規制という法律があり、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
しかし、銀行系はこの法律の対象外です。
そのため、年収の3分の1以上借入ができるということです。
また、銀行系カードローンは消費者金融と比べて低金利ということも大きな違いです。
この違いからも、借り換えをするときには、銀行系を選ぶ必要があります。
銀行系を利用することで年収の3分の1までといった規制もありませんし、何よりも低金利でお金を借りることができ、借り換えをするには大きなメリットが得られます。

 

3-2.銀行系カードローンなら主婦も利用できる

銀行系カードローンのメリットは金利だけでなく、専業主婦でも利用することができるという点もあげられます。
アルバイトやパートをしている主婦はもちろんのこと、仕事をしていない専業主婦でも利用できるのが銀行系カードローンです。
消費者金融では総量規制があるために、収入がない人には基本的に融資はしていません。
しかし、銀行ではこの総量規制の対象外ということもあり、すべての銀行ではありませんが専業主婦にも融資をしています。
収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入さえあれば、配偶者貸付を利用して銀行系カードローンを利用することができます。

4.低金利より凄い!金利なしでお金を借りる方法!

銀行は消費者金融と比べて低金利で融資をしていて、総量規制の対象外ということもあり、銀行と消費者金融とでは圧倒的に銀行でお金を借りた方がいいように思えます。
しかし、大手消費者金融では銀行にないサービスを提供しています。
それが無利息サービスです。
多くが初回限定のサービスとなっているのですが、30日程度の無利息期間を設けて、その間の利息を無料にしてくれるというものです。
銀行ではこのようなサービスを提供しているところはほとんどなく、消費者金融ならではのサービスといえます。
このサービスを上手く利用すれば銀行よりもお得にお金を借りられる金融機関となります。

 

4-1.消費者金融なら初回無利息キャンペーンを利用できる!

初回無利息キャンペーンといっても、1回限りならあまり意味がないと思う人もいるかもしれません。
しかし、このサービスを上手く活用することが大切です。
ほとんどの無利息サービスが30日間といった期間のサービスとなることから、1ヶ月以内に返済できるような金額やタイミングでお金を借ります。
数万円といった金額なら次の給料日で返済することができますし、数十万円といった金額でもボーナス後なら一括返済ができます。
また、この無利息期間中にすべてでなくても、大半の借入額を返済してしまえば支払う利息の総額を減らすことにもつながります。
そのようなタイミングを上手く活用することで、金利が高いと言われる消費者金融でも銀行よりもお得にお金を借りることができます。

 

4-2.金利なしで消費者金融を利用した口コミ体験談

急に引っ越しをすることになり、消費者金融を利用したといった口コミを見ることができました。
この人はプロミスを利用してお金を借りたようで、次の給料日までに返済することができたので、利息も0円で借りられたとのことです。
このように、急にお金が必要になったときに消費者金融を上手く活用してお得にお金を借りている人もいます。
プロミスでは、初回の借入時から30日間無利息となっています。
別の消費者金融ではお金を借りなくても、契約日の翌日から30日間というサービスになっていることもあり、無利息サービスを利用する時にはよく確認してから利用するようにしましょう。