主婦でもお金を借りれるの?

1. 専業主婦でも消費者金融や銀行カードローンを利用できるか徹底検証!

専業主婦は仕事をして収入を得ているわけではないので、一般的には無職の人と同じ状態となります。
しかし、専業主婦は炊事や洗濯、掃除や家計の管理など、家族が安心して生活を送ることができる環境を作るという仕事をしています。
この専業主婦を金融機関では、無職の人として扱うところもあれば、夫に安定した収入があることから融資をしても大丈夫な人と判断するところと、2パターンあります。
専業主婦が金融機関からお金を借りようと思えば、専業主婦でも融資をすると謳っている金融機関を選ぶ必要があります。
このような金融機関なら専業主婦でも利用しやすく、安心して申し込みをすることができます。

1-1. 消費者金融では無理で銀行カードローンならキャッシングできる理由

専業主婦でも融資をしてくれる金融機関は、銀行のみと考えておく必要があります。
一般的には、消費者金融の方が銀行よりも利用しやすいというイメージがありますが、これは仕事をして自分で安定した収入を得ている場合で、専業主婦は消費者金融は利用しにくい金融機関となっています。
消費者金融と銀行では、どちらもお金を借りる事は一緒ですが、適用される法律が違うのです。
この法律の違いが、専業主婦が利用できるかどうかを決めているといってもいいと考えられます。
消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法と、その法律の違いによって専業主婦に対しての扱いも違ってくるということです。

専業主婦 カードローン


1-2. 貸金業法に基づく総量規制とは

大手消費者金融では全国に自動契約機を設置し、即日融資や無利息サービスなども提供していることから、専業主婦でも利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、消費者金融は貸金業法が適用されているために、専業主婦は利用しにくい金融機関となっています。
貸金業法に総量規制というものがあります。
この総量規制は年収に基づいて融資額を決めるというもので、そもそも収入のない専業主婦では対象外ということになります。
しかし、この総量規制の例外として配偶者貸付が設けられ、専業主婦でも消費者金融を利用できるようにはなっているのですが、大手消費者金融をはじめ、ほとんどの消費者金融がこの配偶者貸付を受け付けていないのが現状です。

1-3. 銀行カードローンは配偶者貸付制度で貸金業法の総量規制対象外!

消費者金融では総量規制があるために収入のない専業主婦は、原則として融資は受けられないことになるのですが、これは貸金業法が適用されている金融機関に限った話です。
銀行法で営業をしている銀行ではこの総量規制の対象外となっているため、専業主婦でも利用することができます。
専業主婦でカードローンを利用したいと考えた時にはまず銀行を選択肢として考えるのが基本です。
銀行の中では専業主婦にも積極的に融資をしているところもあり、一般的に利用しやすいと考えられている消費者金融よりも、専業主婦は利用しやすい金融機関となっています。

2. 専業主婦が配偶者貸し付け制度を利用できるおすすめのカードローンTOP3

専業主婦が融資を受けるためには、収入がないことからも配偶者貸付を利用することになります。
この配偶者貸付とは、収入のない専業主婦でも夫に安定した収入があるのなら融資をするというものです。
銀行なら総量規制もないことから、本人確認書類だけで融資をしてくれるというところもあり利用しやすいのですが、どこの銀行でも専業主婦に融資をしてくれるというわけではありません。
銀行の中でも、積極的に専業主婦に融資をしているところもあれば、専業主婦には融資をしないというところもあります。
ここでは、専業主婦でも利用できるみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行の利用法と申し込み方法を紹介します。

2-1. みずほ銀行カードローンの利用方法とカードローン申込方法

みずほ銀行は大手ということもあり、安心して利用することができる銀行です。
この銀行は専業主婦でも利用することができ、カードローンの申し込み方法としては、インターネットを利用した方法から、郵送や電話、窓口から申し込みをすることができます。
みずほ銀行の口座を持っている人ならWeb完結申込みを利用することにより即日融資も可能となっています。
口座を持っていない人でも、窓口なら最短即日融資も可能なので、口座を持っていない人で、少しでも早くお金を用意する必要がある人は、窓口を利用してみてはいかがでしょうか。
毎月の返済は口座引き落としのみとなっていますが、コンビニATMも利用することができ、いつでも気軽にお金を借りることもできます。

2-2. 三菱東京UFJ銀行カードローンの利用方法とカードローン申込方法

三菱東京UFJ銀行では、銀行の中では数少ない自動契約機を利用することができます。
大手消費者金融の大きなメリットと考えられるのが自動契約機の存在です。
銀行ではこの自動契約機を設置しているところは少なく、金利が高いとわかっていても、多くの人が消費者金融の自動契約機を利用して申し込みをしています。
この三菱東京UFJ銀行ではテレビ窓口が設置され、消費者金融の自動契約機と同じように申し込みをして、その場でカードを受け取ることもできます。
カードを受け取れば、この銀行のATMだけでなく、自宅近くの提携ATMを利用してお金を借りることもできます。

2-2. イオン銀行カードローンの利用方法とカードローン申込方法

イオン銀行でも、みずほ銀行と同じようにカードローンを利用するためには口座を持っている必要があり、今持っていないという人は、まず口座開設をする必要があります。
すでに口座を持っている人なら即日融資も可能です。
この銀行カードローンではインターネットを利用して、口座開設からカードローンの申し込みまで済ませることもできます。
イオン銀行もみずほ銀行も専業主婦の強い味方となってくれるカードローンです。
これらの銀行のカードローンでは自動融資というサービスがあります。
カードローンの返済用口座で、自動引き落としで残高不足になれば利用限度額の範囲内で自動融資をしてくれ、携帯料金の支払いをこの口座に指定しておけば、お金を入れるのを忘れて引き落としがされなかったということを防ぐことができます。

3. 実際に配偶者貸付で借り入れをしている主婦の口コミ

配偶者貸付を利用してお金を借りた口コミの中には、娘の学費が足りなくて利用したという人の声を見ることができました。
この人は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックを利用したようです。
テレビ窓口を利用して申し込んだようで、対応した女性がとても親切たっだとのことで、女性でも安心して申し込みができそうです。
今までカードローンを利用したことがない人にとって、審査を受ける時にはとても緊張するものです。
テレビ窓口といっても、対応する人が怖い人ならどうしようと不安に感じている人もいるのではないでしょうか。
そんな人でも三菱東京UFJ銀行なら安心して利用ができる銀行です。

3-1. 消費者金融で断られたが銀行カードローンは審査に通った体験談

私は専業主婦なので消費者金融を利用出来なくて悩んでいたという人の声を見ることができました。
大手消費者金融のほとんどが、専業主婦の申し込みといった時点で断られてしまうことも多く、どうしてもお金が必要なのにと、悩んでしまう人もいます。
しかし、三菱東京UFJ銀行なら専業主婦でも利用できるということを知り、夫の収入証明書を持参して窓口に申し込みに行ったそうです。
申し込んでみると審査に通ったとのことでした。
自分には収入がないのにお金を借りるということに後ろめたさを感じる人もいるようですが、本当にお金に困ったときには、専業主婦でも利用できる銀行に相談をすることをおすすめします。