お金 借りる 理由

お金を借りるときの理由付けについて

お金を借りる時には親や友人を頼るという人は多いと思います。
金融機関からお金を借りるには審査を受ける必要がありますが、「親や友人なら気軽にお金を借りられる」と考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、この時に重要になるのがお金を借りるための理由付けです。
親や友人からお金を借りるための審査に当たるのがこの理由付けと考えることができます。
本当にお金が必要で頼んだとしとしても、「そんな理由じゃ貸せないよ」と言われてしまうかもしれません。
では、どういった理由であればお金を借りやすいのでしょうか?
このページでは、お金を借りる時の理由付けについて解説していきたいと思います。

 

お金 借りる 理由

親や友人からお金を借りるパターンで多いのは?

普段あまりお金を借りることがないという人は、「どう説明したらお金を貸してもらえるのだろう?」と悩んでしまうかもしれません。
正直にお金を借りたい理由を言えばいいのか、それとも別の理由でお金を借りた方がいいのかと考えてしまいますよね。
こんな時には、お金を借りる理由としてよくあるものを知っておくと役立ちます。
「正直にお金を借りる理由を伝えるのは抵抗がある」という時でも怪しまれることなく、親や友人からお金を借りることができるかもしれません。

 

家賃や光熱費などが払えない

賃貸のアパートやマンションで暮らしているという人に多いのが、家賃や光熱費が払えないからという理由でお金を借りることです。
特に一人暮らしを始めたばかりの人には多いパターンです。
急な出費によって生活費に手を付けてしまい、家賃や光熱費の支払いが足りなくなった経験があるという人も多いでしょう。
ただし、この理由が通るかどうかはケースバイケースかもしれません。
例えば、一人暮らしを始めたばかりの学生や社会人ならこの理由が通用するでしょう。
しかし、社会生活が長い人が「家賃が払えないからお金を貸してほしい」と頼んだとしても、相手は「かなりお金に困ってるんじゃないか?ちゃんと返してもらえるのかな?」と不安になり、断られてしまうかもしれません。

 

急な冠婚葬祭でお金が必要

お金を借りるパターンとして最も多い理由が、「冠婚葬祭で急にお金が必要になった」というものです。
事前に予測できることなら、それに備えてお金を用意するということもできるのですが、冠婚葬祭、特に人の不幸は突然起こるケースが多く、どうしても対応できないということもあります。
また、遠方の結婚式に参列するとなると、祝儀の他に宿泊費や旅費などが必要になるかもしれません。
こういった急な冠婚葬祭は大抵の人が経験しているため同情してもらいやすく、お金を借りる理由としては通りやすいのではないでしょうか。

 

ほしいものがある

ほしいものがあり、どうしてもお金が足りないということもあります。
特に限定品の販売などの場合、売り切れる前に購入する必要があります。
ほしい物の金額にもよりますが、少額なら親や友人からお金を借りられるかもしれません。
また、限定品なら期日が迫っていることもあり、同情を得られればすぐにでもお金を借りられるパターンです。
給料日までお金がないという時に限定品が販売され、給料が入ればすぐに返済をすると言えば、貸してもらえる確率が上がるでしょう。
こうった理由でお金を借りるなら、親に頼むよりも自分の趣味などを理解している友人の方が借りやすいかもしれません。

お金を借りる時に使える言い訳

お金を借りる時には、相手に同情してもらえるような言い訳が効果的です。
お金を借りる時には、恥ずかしさや罪悪感などもあるかもしれませんが、どうしても乗り切れないピンチの時はそんなことも言っていられません。
きちんと理由を説明した上でお金を借りて、ピンチを乗り切る必要がありますよね?
とはいっても、正直に理由を話してもお金を貸してもらえるとは限りません。
そこで、ピンチの時に使える言い訳を8パターンを用意してみました。
「どうしてもお金が必要!だけど正直に理由を話すと断られるかもしれない・・・」そんな時の参考にしてください。

 

財布を紛失してしまった

よくありそうですが、意外と使えるのが「財布をなくした」という言い訳です。
自分が財布を紛失した時のことを考えると、どれだけ困っているのかも容易に想像しやすく、お金も借りやすい言い訳の一つです。
財布の中にはキャッシュカードやクレジットカードを常に入れているという人も多く、財布を紛失したことでどれだけ不安を感じているかを伝えると、親や友人から同情が得やすいと考えられます。
この場合、財布に入っていたお金よりも、キャッシュカードやクレジットカードの紛失を心配されることも考えられるので、それに対してどのような対応をしたのかなどの言い訳も準備しておく必要があります。

 

空き巣に入られてしまった

お金を借りるうえで効果的なのが、自分の不幸を言い訳に利用することです。
財布を紛失したことも不幸の一つですが、さらに不幸を感じさせるのが空き巣被害です。
こういった被害は身近であまり起こらないでしょうが、逆に同情を引くことができます。
しかし、日常的に起こることではないので、どのような被害があったのか、警察に連絡したのか、警察の対応はどうんな感じだったのかなど、様々なことを聞かれることも考えられます。
こういった点にしっかりと答えることができれば、かなり信憑性が増します。
また、「自分の落ち度によってお金がないわけではない」ということを理解してもらえれば、お金を借りやすいと考えられます。

 

結婚式や葬儀に出席することになった

急に起こる出来事もお金を借りやすい言い訳です。
上でも説明しましたが、結婚式や葬儀は誰でも経験するですから、急な冠婚際でお金に困ったという人も多く、お金を借りやすいと考えられます。
特に遠方での結婚式や葬儀へ出席するには、意外に多くの費用が必要になりますから、まとまったお金も借りやすいかもしれませんね。
特に結婚式に家族で出席することになり、家族全員分の交通費や宿泊費まで含めると数十万も必要になることもありますから、どうしてもあと数万円足りないという程度なら、仕方ないとお金を貸してくれそうです。
冠婚葬祭は誰にでもあることなので、使いやすい言い訳です。

 

親が急病になってしまった

あまり良いことではありませんが、「親が急病になった」という言い訳も使えます。
親が高齢になれば、調子が悪くなることも多いでしょう。
高齢になれば病気になることも多く、入退院を繰り返すことになり、その際の治療費がかさむことになります。
また、普段病気にかかっていなくても、急な入院費などのために一時的にまとまったお金が必要になることがあります。
保険に入っていても、すぐに入金されるものでもないので、治療費や入院費で困っているというのは自然な言い訳です。
お金を借りる時に、「保険のお金が入ればすぐに返済をする」と言えば、比較的貸してもらいやすいと考えられます。

 

仕事で急な飲み会が入った

ちょっとしたお金を借りたい時に利用できるのが、仕事で急な飲み会が入ったという言い訳です。
結婚して小遣い制の人は、月末にお金が足りないということもよくあるのではないでしょうか?
生活費がカツカツといった場合には、奥さんにお小遣いの前借りも頼みにくいでしょう。
そんな時に急な飲み会が入り、少しお金が心配なので用立ててほしいと言えば、親や友人でもお金を貸してくれるかもしれません。
飲み会程度の少額のお金が足りないとなると、貸す方も心配になりますから、「今月は特に飲み会が多くて・・・給料日にはすぐ返すから!」と返済の約束をすることも重要です。

 

車が故障してしまった

お金を借りる言い訳の中でも緊急性が高いのが、「車が故障してしまった」でしょう。
通勤に電車を利用しているという人にとっては大きな問題ではないかもしれませんが、通勤や仕事で車が必要という人にとっては一大事です。
車の修理にはまとまったお金が必要となるケースもありますから、お金を借りる言い訳としても自然だと考えられます。
ただし、故障の内容や故障した時の状況なども答えられるようにしておきましょう。
故障内容によっては少額で修理できるケースもありますから、常識的なの範囲内でお金を借りることも重要です。

 

生活費が足りなくなった

最も身近なことでお金に困るケースが「生活費が足りない」というものです。
誰でも「計画的にお金を使いたい」と思うものですが、急な出費が重なってどうしても生活費が足りないということもあります。
ただし、生活費が足りないような状況では、「本当にお金を返せるの?」という心配を相手に与えることもあります。
仮に友人に借りるといったケースでは、確実に返済はできるという印象を与えることは大切です。
また、「急な出費が重なり、あくまでも一時的に生活費が足りない」といった印象を与えることで借りやすくなるかもしれません。

 

引越しの費用が足りない

「引越し費用が足りない」という言い訳もお金を借りる際に有効です。
引っ越しは意外に費用がかかり、急な引っ越しを余儀なくされたといった言い訳ならお金を借りやすいと考えられます。
急な転勤によって部屋を借りる必要がある、隣人とのトラブルによって引っ越しをする必要があるなど、どうしても急に引っ越しが必要という状況では、お金が足りないという人も多いと考えられ、自然な言い訳となります。
ただし、本当に引越しをする予定がない時に使うべき言い訳ではありません。

お金を借りる時に使うべきでない言い訳

お金を借りる時には、相手を納得させる必要があります。
誰でも急に「お金を貸してほしい」と言われるのは気持ちいものではありません。
従って、相手が納得できないような言い訳では、お金を借りることはできないでしょう。
本当にお金に困っている状況を説明すれば、親や親しい友人ならお金を貸してくれるかもしれません。
しかし、お金を借りる時に使うべきではない言い訳というのもあります。
では、どんな言い訳を使うとNGなのでしょうか?

 

恋人の親が病気になった

お金を借りる際に、相手の同情を誘うような言い訳は効果的です。
誰でも本当にお金に困っていて、自分にある程度の余裕があるのであれば助けてあげたいという気持ちが働き、お金を借りやすくなります。
しかし、「恋人の親が病気になった」というのは、同情を誘うような言い訳としてはよくありません。
妻の親といった場合には同情は誘いやすいのですが、恋人の親となると、そもそもお金を用立てる必要があるのかと逆に問い詰められる可能性もあります。
恋人になって親の病気を理由にお金を騙し取るといった詐欺もありますから、お金のことよりもそのような被害を心配されるかもしれません。

 

ギャンブルや株で返済できる

同情を得られない言い訳として、ギャンブルや株での返済があります。
ギャンブルをするためにキャッシングを利用してお金を借りてしまったり、株の購入で大きな損失を出してしまうと返済に困ることがあります。
これを利用してお金を借りる理由に使いたいという人もいるかもしれませんが、ギャンブルや株は自己責任で行う必要があり、その損失の補てんに対して、お金を借りるというのは難しいでしょう。
また、仮に他の理由でお金が必要だったとしても、「ギャンブルや株で返済する」というのは通らないと考えておきましょう。
「給料日に返済する」なら貸す側も安心できますが、不確定要素の強いギャンブルや株に頼っているとなると、普通はお金を貸してもらえません。

嘘をついてお金を借りるとどうなる?

お金 借りる 理由

 

どうしてもお金が必要だけど、正直に話すのは抵抗があり、自分にとって都合のいい言い訳でお金を借りたいという人は多いと思います。
お金を借りることを恥ずかしいと感じる人も多いですし、借りたいお金が少額となると、どれだけお金に困っているのかと相手に思われる可能性もあります。
かといって、借りる金額が大きい場合、それなりの理由がなければまず貸してもらえません。
しかし、嘘をついてお金を借りてしまうことに罪悪感があるという人もいるでしょう。
そもそも、嘘をついてお金を借りることで、罪に問われたりしないのかと不安になる人もいると思いますので、この点についても解説していきますね。

 

詐欺罪にあたるが通常は問題なし

嘘をついてお金を借りると罪になるのかが気になりますが、これはれっきとした詐欺です。
仮に相手が親や友人であっても、嘘をついてお金を借りるという行為はいけません。
しかし、嘘をついてお金を借りたことを詐欺として立証するためには「返済する意思がなかった」という点がポイントになります。
つまり、嘘をついてお金を借りたとしても、詐欺罪として立証することは非常に難しいのです。
だからと言って「嘘をついて借りてもOK」ということではありませんが、きちんと返済すれば詐欺罪に問われることはないでしょう。

相手を納得させてお金を借りるには

お金を借りるために重要になるのが相手を納得させるということです。
どんなに困っているとアピールされても、納得できるような理由がなければ誰もお金を貸してはくれません。
また、貸す側としては、本当にお金を返済してくれるのかという点が心配になります。
確実に返してくれるというほどの信用があればお金を貸すこともできますが、頻繁にお金を借りたいと頼んできたり、「いつまで経ってもお金を返してくれない」とう噂がある人では、どんなに仲が良い友人でもお金を貸すのをためらってしまいます。
ここからは、上手くお金を借りるために、相手を納得させてお金を借りるコツを紹介したいと思います。

 

借用書をつくる

安心してお金を貸してもらうために有効なのが借用書の作成です。
どんな言い訳をするよりも、借用書によって誠意を見せることは有効です。
たとえ親からお金を借りる時でも、借用書を作ることをおすすめします。
しかし、「借用書なんてどうやってつくればいいの?」という人も多いでしょう。
実は、借用書というのはパソコンを使って作成してもいいですし、手書きでも問題ありません。
借用書に記入する金額は後で金額を修正されないように、漢数字で書きます。
その他に記入する内容としては、借りた相手の名前、返済期限、返済方法、作成した日時、自分の住所や氏名を記入し、捺印をします。

 

利息を支払う

親や友人からお金を借りる理由の一つに、利息が必要ないということを挙げる人もいるのではないでしょうか。
利息を支払う必要もなく、すぐにお金を用立ててくれる親や友人は頼りになる存在です。
しかし、親や友人との借り入れでも、「利息を支払う」と約束すれば、誠意が感じられますし、貸す側にもメリットがあります。
できれば、借用書を作成する時に利息のことも記入しておくと良いでしょう。
「親や友人からお金を借りるのに利息を支払るのはちょっと・・・」と思う人もいるかもしれません。
しかし、本当に困ったときに助けてもらえるのであれば、多少の利息は支払ってもいいのではないでしょうか。

 

返済期日をハッキリ伝える

借用書もなく無利息でお金を借りる時には、返済期日をハッキリと伝えるようにしましょう。
初めてお金を借りるという時でも、相手は本当に返済してくれるのかがどうしても気になるものです。
返済期日をハッキリとさせることで、相手も安心してお金を貸すことができます。
急にお金が必要になった時は、どうしても自分のことばかりを考えがちですが、お金を貸す側の立場になって考えることも大切です。
相手の立場を考えた対応は、下手な言い訳をするよりも信用を得られ、結果としてお金を借りやすくなります。

親や友人に借りられない時は

急におまとまったお金が必要になり、親や友人に頼めばお金を借りられるという人は、かなり恵まれているとも考えられます。
お金に困っても、親と疎遠であったり、お金の相談ができるほど親しい友人もいないという人は多くいます。
そのため、困ったときに相談すれば、親身になって助けてくれる親や友人には誠意ある対応をして、いつまでも良好な関係を保つことが大切です。
しかし、そういった人がいない場合はどうしたらいいのでしょうか?
このような場合には、公的融資制度の利用や、キャッシングやカードローンの利用を考えてみましょう。

 

公的融資制度を利用する

お金に困っている状態といっても、数万円で解決できる問題から、仕事もなく、生活をすることも困難といった状況の人もいます。
もし、生活が本当にできないような状況である場合には、公的融資制度の利用を考えましょう。
生活が困った時に助けてくれる生活福祉資金貸付制度、住む場所を失いそうといった人には住宅支援給付、なかなか仕事につけない時には求職者支援制度など、様々な公的資金制度があります。
このような状況では、親や友人からお金を借りたとしても、返済も難しく、根本的な解決にならないことも多々あります。
経済的支援をしてくれる制度を早めに利用して、安心して生活できる環境を取り戻すことが大切です。

 

キャッシングやカードローンを利用する

仕事をしていてしっかりとした収入があるという人は、急な出費の時にはキャッシングやカードローンを利用するのも一つの方法です。
キャッシングやカードローンを利用すれば、親や友達から借金をしなくても、自分一人の力で急な出費に対応することができます。
とはいえ、キャッシングやカードローンは金利が高いため、借りた後の返済を考えて利用を避けている人も多いはず。
しかし、大手消費者金融の中には無利息サービス期間を設けているところもありますし、銀行カードローンなら大手消費者金融よりも低金利でお金を借りることもできます。
ローンカードを持っていればいつでもお金を借りることができ、使い方次第でピンチの時の強い味方となってくれます。

まとめ

親や友人からお金を借りる時には、きちんとした理由が必要です。
どうしても本当の理由を話すと断られそうという時は、体裁を保つためにも都合のい言い訳を考えるのも一つの手でしょう。
また、お金を借りる時には、借用書や利息の支払い、返済期日を伝えることにより、誠意ある姿勢を示すことも重要です。
お金を借りられる親や友人がいないという人は、経済的に困っているのなら公的融資制度、急な出費の時にはキャッシングやカードローンを利用するのも良い方法です。
お金に困るのは誰にでもあることですから、自分に合ったお金の借り方でピンチを乗り切りましょう。