おまとめローンとは

1. おまとめローンのメリット−月々の返済が楽になる

おまとめ

複数の銀行や消費者金融から、カードローンやキャッシングなどを利用してお金を借りている方にとって、毎月の返済が悩みの種という方もいるのではないでしょうか。
この返済を楽にする方法として、おまとめローンがあります。
借りる業者を一本化することで、どんなメリットがあるのかと疑問を持つ方もいるかも知れませんが、このおまとめローンのを利用することで返済額を減らすことができます。
金利は限度額が少ない場合は高くなり、限度額が多く設定されれば金利も低い設定になります。
借金を一本化することで、借りている総額が高くなるので払う金利も低金利となり、結果的に払う金額も低くなるというメリットがあります。

2. おまとめローンの審査は厳しい?すぐに結果がわかる?

おまとめローンにしたいと考えている方にとって、気になるのが審査ではないでしょうか。
おまとめローンをしたくても審査に通らなければ利用することができません。
このローンの審査はとても厳しです。
少額のお金を借りるときにはすぐに結果が分かり、お金を借りることができますが、おまとめローンの審査は、時間がかかります。
その理由としては、まとめた総額のお金を借りるのと同じことなので、そのお金を返済できるのかを、しっかりとチェックされるからです。
そのため、おまとめローンを申し込んだからといって、誰でもこのローンを利用できるというわけではありません。

2-1. おまとめローンに審査では借入件数が重視される

おまとめローンの審査では、年収がどのくらいあるか、勤続年数はどのくらいかなど、色々な審査項目がありますが、借入件数も重要なポイントです。
お金を貸す側が重視するのは、借りる人が信用できるのかどうかです。
借入件数が2社程度なら、よくあることなのであまり重要視されることもないかもしれませんが、4社も5社も金融業者からお金を借りている場合は、本当に信用できる人なのかということが問題になります。
あまりにも多くの金融業者からお金を借りている際には、おまとめローンの審査はとても厳しくなると考えておく必要があります。

2-1. おまとめローンに審査では借入件数が重視される

おまとめローンの審査では、年収がどのくらいあるか、勤続年数はどのくらいかなど、色々な審査項目がありますが、借入件数も重要なポイントです。
お金を貸す側が重視するのは、借りる人が信用できるのかどうかです。
借入件数が2社程度なら、よくあることなのであまり重要視されることもないかもしれませんが、4社も5社も金融業者からお金を借りている場合は、本当に信用できる人なのかということが問題になります。
あまりにも多くの金融業者からお金を借りている際には、おまとめローンの審査はとても厳しくなると考えておく必要があります。

3. 複数社から借入する人の特徴

なぜ、金融業者が借入件数を気にするかというと、お金の管理が上手くない人と判断できるからです。
お金の管理が上手い人は、お金を借りなくても自分の収入だけで生活ができます。
しかし、複数社から借入をする人は、お金の管理が下手で、色々な金融業者からお金を借りる必要がでてきてしまっているという事になります。
金融業者が心配なのは、お金を払うことができず自己破産をされ、貸したお金が回収できないことです。
その心配がある人にはお金を貸したがらず、審査で落とされてしまいます。
お金を複数社から借りているという方は、一度お金の管理方法をしっかりと見直すことが重要です。

4. おまとめローンと債務整理の違い

おまとめローンを考えている方の多くが、返済に困っている方ではないでしょうか。
毎月の返済が大変で、少しでも楽になりたいと、おまとめローンを選ぶ方がいます。
しかし、おまとめローンをしたからといって、借金が減るというわけではありません。
おまとめローンが利用できれば、金利は安くなりますが、元本は減ることはありません。
借金の返済に困っている方の解決方法に、おまとめローンとは別に債務整理という方法もあります。
会社の倒産やリストラ、病気により働けなくなり、毎月のローンの返済が困難な方は、おまとめローンより債務整理という方法を考える必要もあります。

4-1. 債務整理を行うとどうなる?

債務整理には、任意整理や特定調停、個人再生や自己破産などの方法があります。
債務整理である自己破産は、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
この債務整理のメリットは、利息の支払いを無くすことができたり、借金そのものを無くすことができる点です。
そのため、どうしても借金を返済できないという方にはとても助かる方法です。
しかし、債務整理をしてしまうと、一定期間お金を借りることはできなくなります。
また、自己破産や個人再生を行うと、国の広報誌である官報に氏名や住所が載ることになり、保証人に返済義務が及ぶこともあります。
債務整理はメリットもありますが、デメリットも多い方法なので、簡単に行えるものでもありません。