金融会社の審査方法

1. 返済能力と返済の意思をチェックされる金融審査

消費者金融などでキャッシングやローンを利用して融資を受けようとする場合、「分不相応な借り入れになっていないか」や、「本人にきちんと融資したお金を返済しようとする意志があるかどうか」という事も、消費者金融の審査基準になってきます。
過去に遅延事故が記録されている方の場合でも、支払いが遅れたことはあっても、ここ最近は確実に返済をしているという返済意志の改善を見せる事ができれば、審査が通って融資を受けられるケースがあります。
誠実な対応をしっかりするという意志を表示することがとても重要な要素になっています。

1-1. 過去の携帯滞納やカード滞納も審査の対象

過去に携帯電話を契約した時の料金を滞納している場合でも、遅延情報として個人信用情報機関に記載されている場合もあります。
銀行や金融会社等からのカードローンの滞納も審査基準になります。
キャッシングを申し込んだ会社が信用情報の審査を行う時に、同じ信用機関のチェックを行っていれば遅延情報として記録が残っている場合は借りられる事が難しくなります。
新規でお借り入れを考えている消費者金融の場合、個人信用情報機関に過去の事故歴が載っていると、通常は借りる事ができません。
通信販売などで、後払い方式で購入した場合など、後払いの支払いが遅れている時も遅延情報となる事があります。

1-2. 金利や限度額も審査により決定される

金利や限度額も審査により決定されています。
金利が変わる基準は、社外秘になっているので、判明していない部分が有りますが、借入金額が小口の場合は法廷金利の上限に近い利率になります。
限度額が100万円を超えるような大口のキャッシングやローンのお申し込みの場合は、金利がある程度少なく設定されますが、大口の金額を借りるには、まず信用情報が重要です。
あとは、本人の年収の総額や、貸金業法の総量なども考慮されるポイントになっています。
借入限度額は、法律で上限が決められていて、どんなに借りられても年収の三分の一までという決まりがあり、これを「総量規制」と言います。
限度額を一杯にしたい場合は、年収を上げる必要があると覚えておきましょう。

2. 借入履歴があると審査に通りやすいって本当?

クレジットローン会社は、CICという個人情報信用機関に登録されていて、消費者金融系はJICCという信用情報機関に登録されています。
お互いが情報を共有しているため、クレジットカードの利用履歴もキャッシング会社は把握しています。
過去に借入履歴が有る場合、遅延や事故情報として記載されていなければ、審査自体は通りやすくなります。
年齢が30歳を過ぎているのに記録が無い場合などは、過去に自己破産や遅延がありブラックリストに乗っていたため、欠格期間中の履歴が無いと思われる事もあります。
履歴は全く無いよりは、あった方が多少審査に有利に働くことがあります。

3. 銀行系の金融審査は厳しい?

審査結果

銀行系の金融審査は厳しいと言えば厳しいですが、基本的に消費者金融の審査と変わりはありません。
銀行の金融審査と、銀行系の金融審査を比べる場合、銀行の金融審査の方が厳しくなります。
審査基準が厳しい銀行のキャッシングやローン場合は金利も安いですが、審査基準が緩めの消費者金融は、審査に通りやすいメリットはありますが、金利が高くなってしまいます。
銀行系という名前が付いているので、金融審査が難しいと思われがちですが、銀行系=消費者金融と同じ扱いになります。
担保や保証人も、原則不要と言うのが借りやすい銀行系のメリットでもあります。

3-1. 業者によって審査基準は違うの?

キャッシングやローンなど、消費者金融会社での審査基準は公表されていませんが、それほど変わりはありません。
基本的な信用情報の紹介をし、他社からの借入が4件を超えていたりしないか、貸金業法で定められている総量規制に引っかかっていないかをチェックします。
その後、過去の遅延情報や事故情報などもチェックし、問題が無ければ在席確認に移行します。
仕事先への在職確認の電話をし、無事に確認が取れれば、高確率で審査に通ると思っていいでしょう。
項目にあてはまっていなければ、アルバイトでも借りる事が可能です。
この審査の流れと、融資可能か否かの判断基準は、消費者金融ならどの会社も共通してると言えます。

4. 審査が甘いと謳う業者に要注意!

審査が甘いと謳う業者には注意が必要です。
信用情報機関のチェックを行い、ブラックリストに載っている場合や、貸金業法で定められている年収三分の一までという総量規制でストップがかかっている場合、それ以上融資することは法律上違反となります。
法律違反をすると、業者も制裁されてしまうので、審査に対して甘いという事はありません。
審査が甘いと謳う業者の場合、金利が法廷基準よりも高い悪質な金融会社や、貸すためには手数料が必要と言ってくる悪質な詐欺グループの可能性があります。
少しでもおかしいと思ったら、借りないようにするのが堅実です。