限度額の決まり方

1. 限度額を引き上げる事は可能?

お金

消費者金融や銀行などで、キャッシングやカードローンを申し込み、想像以上に利用限度額が低かったという思いをしたことはありませんか?
キャッシングを利用する方の中で、何とかこの利用限度額を増やしたいという方は多くいるでしょう。
この利用限度額は申請をすることにより、引き上げることは可能です。
ただ、この限度額を増やすことは、初めの審査よりも厳しくなります。
利用限度額は審査をした上で決まっているので、それをさらに増やすということは、収入等に関して、さらに厳しい審査をした上で決まることになります。
どうしても今の限度額では足りないという方だけにお勧めできる方法です。

1-1. 限度額引き上げ手続きの流れ

今の限度額では満足できず、どうしても限度額を増やしたいという方は、限度額を増やすための申請をする必要があります。
この申請はとても簡単で、電話で限度額を増やしたいという旨を伝えたり、会員専用のサイトから申請を行うだけです。
申請をするのは簡単なのですが、申請する前に注意したいのが利用期間です。
利用期間が短いのに申請をしても門前払いを受けるだけです。
少なくても3ヶ月、一般的には1年程度の利用期間は必要です。
この利用期間の間に、延滞なくしっかりと返済をしていることを第一条件として増額の審査が行われ、最終的に審査に通れば、限度額の引き上げができます。

2. 限度額と極度額の違い

利用し始めた頃に、限度額とは別に極度額という文字を見たことがある方もいるのではないでしょうか。
見た感じでは同じような意味合いに感じますが、全く違った意味があります。
限度額は利用できる金額になりますが、極度額は利用できる可能性のある額です。
年収や個人情報から極度額までの利用は可能だけど、今までの利用期間や利用実績などを考慮した上で、今の信用度では限度額の範囲内でしか貸すことができないということになります。
そのため、しっかりと返済をして、信用を高めていけば極度額まで限度額を高めてもらえる可能性はあります。

3. 限度額の増額には時間がかかる

時間

利用し初めの審査では、安定した収入があれば、このくらいは返済できるだろうと、確実に返済できる範囲でお金を貸すことから、審査はそれほど時間はかかりません。
しかし、限度額を増やすということは、その申請をした方がどれだけ返済能力があるのか、確実に返済をしてくれる人なのかをしっかりとチェックをされるため、即日融資のような短期間での審査はありません。
ほとんどの業者で、限度額の増額を申請をした方には収入証明書などの書類が必要になります。
そして、色々な観点から審査した結果、信用できる人と判断されれば限度額の増額となります。

3-1. 増額審査でチェックされるポイント

限度額の増額を申請をする上で気になるのが、どのような点をチェックされるのかということではないでしょうか。
この審査では、まず大切なのが収入です。
今の限度額が、今の収入に対して妥当な範囲ならほとんど増額は望めない可能性があります。
また、信用も重要で、過去の支払いで延滞などがあるか、他社の借入はどのくらいあるか、登録されている情報が確かなのかという点も重要なポイントとなります。
過去に延滞があったり、他の金融業者からの借入がある場合には増額は難しくなります。
また、数年利用している方の中には引越をしたり、職場が変わっていることがあります。
この変更をしっかりと届けてているかもチェックポイントの一つです。

3-2. 限度額の審査で在籍確認はありますか?

即日融資などを利用したことのある方の中には、在籍確認がなかったという方もいるのではないでしょうか。
初めの利用時に在籍確認がなかった会社でも、限度額の増額に対しては在籍確認を行うところが多いようです。
この理由として、限度額の増額を申請する方は、利用してから数年経っている方が多く、その数年間に職場が変わっていることがあるからです。
そのため、多くの金融業者が限度額の増額の際には在籍確認を行います。
ただ、この時の在籍確認は、本当にその職場で働いているかどうかが分かればいいので、業者名でかかってくる等と言う心配はありません。

3-3. 増額の審査に落ちるとどうなる?

限度額が増額されれば、利用できるお金が増えて利便性も増します。
そのため、増額される可能性があるのなら申請したいと考えている方も多くいますが、この申請をしたことによって減額されるという可能性もあります。
ほとんどの方が、審査に落ちたとしても限度額はそのままです。
しかし、職場が変わり収入が減っている方は、限度額が減らされる可能性もあります。
この申請の審査では、過去にどのような職場に勤務していたかは関係なく、今どのような仕事をしていて、どのくらいの収入があるかが見られます。
そのため、軽はずみに申請することはあまりお勧めできません。

4. 返済できる額を借りるようにする事が大切

この限度額の増額が成功すれば、利用できるお金が増えるのですが、収入が増えるわけではありません。
そのため、増額できたからといってドンドンお金を使っていいわけではなく、返済できる範囲内で利用することが大切です。
返済額が増えれば支払いが大変になり、生活に支障が出てまた増額をしたいという気持ちになってしまいます。
大切なのは、本当に困ったときに利用をすることです。
我慢できる部分では我慢をして、お金を貯めてから好きなことにお金を使うことが大切です。
常に金融業者を頼っていると、本当に困ったときに利用できないということになってしまいます。
キャッシング、カードローンは、収入に合った生活をし、計画的に利用するようにしましょう。