お金 借りる 方法

1.お金を借りる方法を徹底解説!

お金を借りる方法はいくつかあります。
一般的なのは親から借りるという方法ではないでしょうか。
困ったときの親頼みで、頻繁に借りているという人もいるかもしれませんね。
その他にも、勤め先から借りる、国の公的融資制度を利用する、最も身近な方法では、今持っているクレジットカードでキャッシングをするという方法もあります。
こうしていくつか挙げてみると、意外にお金を借りる方法は多くあると気づくのではないでしょうか。
生活をしていれば、どうしてもお金が足りなくなるということは起こります。
そのような時に備えて、どのようなお金の借り方があるのかを知っておくことは大切です。

 

お金 借りる 方法

 

1-1.親や知人から借りる

お金を借りる方法として、まず思い浮かぶのが親や知人からの借金ではないでしょうか。
親や友人なら面倒な手続きをすることもなく、利息も支払う必要もないので手軽にお金を借りることができます。
少額であれば、すぐに手持ちのお金から貸してくれることもあります。
ただし、頻繁に親や友人からお金を借りていると、相手に不信感を与え、どんどんと人間関係が悪化してしまいます。
また、親に本当に生活していけるのかと心配をかけることにもなります。
本当に困ったときに頼りになるのが親や友人ですが、そういった時に助けてもらうためにも、頻繁に借りるのは避けましょう。

 

1-2.勤め先から借りる

お金を借りる方法の一つに勤め先の従業員貸付制度を利用する方法があります。
この制度は福利厚生として行われるもので、会社によっては利用できない場合もあります。
しかし、従業員貸付制度が利用できるのであれば、それに越したことはありません。
というのも、この制度は一般的な金融機関より低金利でお金を借りられるケースが多く、お得に借り入れすることができるからです。
ただし、一定の勤続年数が必要であったり、資金使途が制限されている場合があります。
そのため、勤続年数が足りなかったり、趣味のためにお金が必要といった時には利用することができないと考えておきましょう。

 

1-3.国の公的融資制度を利用する

給料が少なくて生活するのも大変、介護で仕事を思うようにすることができないといった人は、国の公的融資制度を利用するという方法もあります。
この制度は国や県、市町村がお金を貸してくれるというもので、金利が低く、中には無利息で融資をしてくれるケースもあります。
生活福祉資金貸付制度、生活困窮者自立支援制度、年金担保貸付など申込者の状況によって細かく整備されているため、本当にお金に困ったときにはとても頼もしい存在です。
仕事はしているけど、出費が多くどうしても生活ができないという時には、公的融資制度を利用するのも一つの方法です。

 

1-4.クレジットカードでキャッシングする

ショッピングなどにクレジットカードを利用している人は多くいますが、このクレジットカードにはキャッシュ機能が付帯しているものもあります。
このようなクレジットカードを持っていればすぐにでもお金を借りることができます。
キャッシングなら用途は自由ですから、自分の趣味のためにお金を使うことも可能です。
ただし、新たにクレジットカードを作るとなると数週間は必要となるケースが多く、すぐにお金が必要という時には対応できません。
また、金利も高めに設定されていますから、借り過ぎてしまうと返済が困難になることがあります。

 

1-5.カードローンを利用する

安定した収入があるのならカードローンを利用するという方法があります。
カードローンは、ローンカードを発行してもらうことで自社ATMや提携しているコンビニATMなどを利用してお金を借りることができるシステムです。
また、即日融資に対応しているカードローンもありますから、すぐにお金が必要という時にも便利に利用することができます。
クレジットカードのキャッシングと同じようなものなのですが、低金利で借入できるカードローンもありますから、少しても支払利息を減らしたいという人、すぐにお金を借りたいという人におすすめです。

2.お金を借りるならカードローンがおすすめ

こうして見ると、お金を借りる方法は意外に多くあると感じませんか?
この中でもおすすめなのがカードローンの利用です。
親や知人から借りるという方法は人間関係が悪化する可能性があります。
また、勤め先の従業員貸付制度や公的融資は、資金使途が制限されていたり、一定の条件を満たしている人しか融資をしてもらえません。
クレジットカードはすでに持っている人でも金利が高いというデメリットがありますし、新たに作るとなると時間がかかります。
しかし、カードローンなら、安定した収入があれば使い道は自由でお金を借りることができ、即日融資も可能です。
その他にも、カードローンには多くのメリットがあります。

 

2-1.担保・保証人なしで借りられる

カードローンなんら担保や保証人なしでお金が借りられます。
この手軽さもこのカードローンの魅力です。
ちょっとした出費のために自分の財産を担保に入れるのは抵抗があるという人も多いと思います。
また、保証人もとても厄介な存在です。
従業員貸付制度だと、保証人が必要になるケースもあるのですが、保証人は、頼む側も頼まれる側も大きな負担になります。
連帯保証人となってしまえば、お金を借りた人と同じ責任を負うことになります。
金銭問題は誰にも頼らず解消したいという人にも、カードローンは最適です。

 

2-2.WEBからの申込OK!場所や時間を選ばない

お金を借りる時には申し込みのしやすさも重要ですよね。
親からお金を借るときにも金額によってはしっかりと事情説明が必要になります。
これは従業員貸付制度や公的融資でも同じです。
しかし、カードローンなら店舗に出向く必要もなく、WEBから申し込みや必要書類の提出、契約まで済ませ、希望するお金を自分の口座に振り込んでもらうこともできます。
また、土日祝日などの休日でも借入することが可能です。
場所や時間を選ぶことなく申し込みができ、誰に頼ることもなくお金を借りることができるのがカードローンです。

 

2-3.申し込んだ日に借りられる

カードローンの大きなメリットが融資までのスピードです。
審査時間が最短30分というカードローンもありますから、申込んだ日のうちに借入することは、それほど難しいことではありません。
急な出費によってお金が必要になったときや、限定品などが販売されすぐに購入したいのに手持ちが足りないといった時には、すぐにでもお金を用意する必要があります。
キャッシングができるクレジットカードを持っていればすぐお金を用意できますが、新たにクレジットカードを作るには時間が必要です。
しかし、カードローンの利用であれば、初めての利用でもすぐにお金を借りることができ、ピンチの時や趣味のためにお金を用意することができます。

 

2-4.少額でも借りられるから便利

生活費で数万円足りないという時に、親や知人を頼るという方法もあるのですが、少額のお金を貸してほしいと頼むことで、そんなにお金に困っているのかと思われることになります。
お金を借りることができても、親や知人に小言を言われるのも面倒と感じる人もいるでしょう。
そんな少額融資でも対応することができるのがカードローンです。
カードローンなら1万円からでも借りることができますから、足りない時に足りない分だけ借りられるため非常に便利だと言えるでしょう。
1万円のために親や知人を頼るのは恥ずかしいという人も、誰に知られることもなくお金を借りることができます。

 

2-5.女性も利用しやすい

消費者金融を利用するのは抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。
テレビや映画などのイメージから、利用するのが怖い、消費者金融はイメージが悪いと思っている人も多いようです。
特に女性は、消費者金融の男性スタッフが怖い人と思っている人も多く、電話で聞きたいことがあっても聞けないという人もいるでしょう。
そんな人でも安心して利用できるサービスを提供している消費者金融や銀行があります。
例えば、大手消費者金融のプロミスには女性専用のレディースキャッシングがありますし、みずほ銀行もみずほMyWingという女性専用のカードローンサービスを提供しています。
こういったサービスは担当スタッフが全て女性なので、男性スタッフにはない気遣いがあり、初めての人でも安心して利用できるように工夫されています。
また、銀行カードローンの中にはご自身に収入のない専業主婦も利用できるものがありますから、女性だからと心配する必要はありません。

3.カードローンの利用目的について

カードローンの利用目的は基本的に自由です。
そのため、カードローンが利用できるようになれば、それを生活費や教育費、自分の趣味のために使っても問題ありません。
しかし、申し込みをするときの利用目的はカードローン会社から信用を得られるものでなくてはなりません。
一般常識で考えても、「そんな理由のためには貸すことができない!」といった利用目的では審査に影響することもあります。
カードローン審査では、なによりも信用を得ることが重要です。
そのため、もし審査時に利用目的を聞かれた時には、信用を失わないような返答をすることが大切です。

 

3-1.生活費や娯楽費でも借りられる?

カードローンは基本的に個人向けの融資です。
そのため、生活費が必要なために融資をしてほしいというのは一般的な利用目的です。
しかし、娯楽目的によっては審査に影響することもあります。
例えば、ギャンブルに使うためにお金を貸してほしいと言っても、カードローン会社はお金を貸してはくれないでしょう。
当たり前の話ですが、お金を貸す側は確実に返済してくれると信用のある人にしか融資はしません。
ギャンブル依存症の人は、すぐに生活費にも困るようになり、返済も滞る可能性が高くなります。
そのため、カードローンの利用目的は常識的に考えて納得できるものでなくてはなりません。

 

3-2.個人事業主や中小企業の事業資金でも借りられる?

事業目的なら公的融資や銀行、信用金庫で低金利でお金を借りることができます。
ただし、こういった方法だと融資までに数カ月もかかることがあります。
そんな時に心強いのがビジネスローンです。
これはカードローンの一種ですが、個人事業者向けで他のローンよりも短期間で融資を受けるこがも可能です。
ただし、通常の事業目的の融資よりもかなり金利は高いという点がデメリットです。
余裕があるときには低金利の融資でいいのですが、一時的に運転資金が足りない時や、すぐにでも仕入れたい商品があるという時にはビジネスローンは大きな助けとなります。
今の状況に合ったお金の借り方をしていきましょう。

4.カードローンの利用条件とは

カードローンは、他のローンと比べると金利が高いというのがデメリットですが、申し込みの簡単さや短時間での融資など、利便性が高いのが大きなメリットです。
すぐにお金が必要という人は、今すぐにでも申し込みたいと考えているかもしれませんね。
個人向けのカードローンでは、安定した収入があること、対象年齢の範囲内であること、保証会社の保証が受けられることなどを利用条件としているところが多いようです。
ただし、カードローン会社によって多少の違いがあるので、利用条件はしっかりと確認してから申し込むようにしましょう。

 

4-1.未成年でも大丈夫?利用できるのは何歳から?

カードローンの利用には年齢制限があります。
年齢制限は各社異なるのですが、大抵が20歳以上から〜65歳未満といったところです。
ただし、未成年が利用できるカードローンはほとんどないため、注意しましょう。
また、20歳以上の学生でもアルバイトなどによって安定した収入があれば利用することが可能ですが、親の同意書が必要になるケースもあります。
そのため、自分の責任によってお金を借りるためには、20歳以上の社会人という条件を満たすことが必要です。

 

4-2.無職・ブラックでもOK!はヤミ金です

カードローンを利用するためには、安定した収入が必ず求められます。
時折、「無職やブラックの人でもOK!」という甘い謳い文句のカードローンを見かけますが、このような業者は間違いなくヤミ金です。
普通のカードローン会社が無職の人にお金を貸すことは絶対にありません。
無職の専業主婦の場合には条件を満たせばカードローン利用が可能ですが、その以外の無職の人には絶対に融資をすることはありません。
また、金融機関は信用情報を必ず確認するため、信用情報に事故情報が記録されているブラックの人にも融資をしません。
カードローンはとても便利な存在なのですが、このような甘い文句の業者には気をつける必要があります。

5.おすすめのカードローンをご紹介!

ヤミ金の存在を知ると、カードローンを利用するのも怖いという人もいるのではないでしょうか。
ヤミ金を一度利用してしまうと、自分だけでなく家族や近所の人、職場にも迷惑がかかることもあります。
しかし、ヤミ金を利用しない簡単な方法があります。
それが知名度の高い消費者金融や銀行カードローンを利用するという方法です。
ここからは初めての人でも安心して利用できるカードローンを紹介していきますので、まずはこの中から自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

 

5-1.総量規制対象外の楽天銀行スーパーローン

消費者金融と銀行との違いに法律の違いがあります。
消費者金融は総量規制の対象となるため、年収によって借入額が制限されることがあります。
しかし、銀行カードローンは総量規制対象外のため法律による制限がなく、その人の信用によって借入額も決まることになります。
その銀行カードローンの中でおすすめなのが楽天銀行スーパーローンです。
金利は年1.9%〜14.5%と、業界の中でも低金利なのが嬉しいポイント。
限度額300万円までなら原則収入証明書も必要なく、本人確認書類が用意できればいいので申し込みも簡単です。
コンビニATMも手数料無料で利用できますし、初めての人でも利用しやすいカードローンです。

 

5-2.専業主婦も利用しやすい!セブン銀行カードローン

専業主婦でも生活費がピンチの時にカードローンを利用したいと考えますよね。
そんな時に利用しやすいのがセブン銀行カードローンです。
セブン銀行カードローンは専業主婦も融資対象とし、利用しやすいと評判となっています。
利用するにはセブン銀行の口座を持っている必要がありますが、本人確認書類の提出も必要なく、在籍確認も基本的にありません。
WEB完結で手続きを済ませることもでき、即日融資も可能です。
限度額は50万円までとなっていますが、最短10分の審査回答で、手軽にお金を借りたいと考えている人には最適なカードローンです。

 

5-3.無利息サービスあり!アコム

アコムはテレビCMでもお馴染みで、名前くらいは知っているという人も多いでしょう。。
アコムの金利は4.8%〜18.0%、最短30分の審査回答で、即日融資も可能です。
また、無利息サービスがあるという点も大きなメリットと言えます。
無利息サービスは銀行カードローンにはほとんどなく、アコムをはじめ大手消費者金融に多いサービスです。
少額の借り入れが希望で、給料日になればすぐに返済できるといった時には、是非活用したいですね。
さらに、アコムには即日発行可能のACマスターカードもありますから、すぐにクレジットカードが欲しいという人にも最適です。