銀行カードローン基本情報

1. 最初は10万円から借りよう

サラリーマンの平均お小遣いは4万円を切ると言われ、少ないお小遣いで、やりくりをしているお父さんは多くいます。
毎月のお小遣いが4万円程度では、自分の趣味のために使うことが出来ないという人も多いのではないでしょうか。
どうしても欲しいものがあり、毎月少ないお小遣いから少しずつためて買うという人も多くいますが、どうしてもすぐに欲しいときに便利なのがカードローンです。
カードローンが利用出来れば、数十万程度ならすぐに手にすることができ、欲しいものを買うことが出来ます。
このカードローンに申し込みをする場合には、希望借入額を10万円程度にすることにより、審査に通りやすくなります。

1-1. 銀行カードローンの最小の借入限度額は10万円

消費者金融では最小借入額が数万円というところもあるのですが、銀行でのカードローンでは、最小額を10万円としています。
この最小額を希望借入額にすることにより、安定した収入があり、過去の借り入れで問題がなければ審査も通りやすいと考えられます
せっかく利用するのだから、多くの利用限度額に設定してもらいたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、この考えが審査を厳しいものとする場合もあります。
初めて利用するという人には、金融機関も慎重に融資をすることになります。
初めての利用の場合には、その人がどのような人か判断できません。
しかし、希望額を最小にすることにより、金融機関も安心して融資をすることが出来ます。

カードローン 限度額


1-2. 限度額10万円なら、誰でもどこでも通りやすい?

この10万円に設定することは、銀行だけでなく消費者金融でも審査に通りやすい金額といえます。
学生などに融資をする場合でも、まずは10万円からの融資となっているところもあり、安定した収入があるサラリーマンなら問題なく融資が受けられる金額です。
毎月4万円のお小遣いのサラリーマンなら、10万円の借り入れでも十分という人も多いのではないでしょうか。
あまり大きな金額が利用できるカードローンでは、つい借り過ぎてしまい、毎月のお小遣いでは返済できないということも起こるかもしれません。
このようなことが起きないためにも、限度額10万円は最適な金額と考えられます。

1-3. 審査には通るけど、あまり信用されていないレベル

少ないお小遣いでやりくりしてきたサラリーマンにとって、10万円でも自由に使えるお金が出来ればうれしくなります。
しかし、この10万円の利用限度額に設定されるということは、金融機関からそれほど信用されていないとも言えます。
金融機関からすれば、信用できる人には出来るだけ大きなお金を借りてもらい、少しでも多くの利息を支払ってもらいたいと考えています。
その金融機関から、利用限度額は10万円と設定されたということは、現状ではあまり信用されていないレベルです。
しかし、借りたお金をしっかりと返済をしていけば信用が増し、金融機関から増額のお誘いもあります。

1-4. 楽天銀行では30万円以下だと電話連絡なしになる!?

カードローンを利用したいけど、審査時にある在籍確認が気になるという人も多いのではないでしょうか。
在籍確認をされることにより、勤め先にカードローンを利用していることが知られてしまい、出世にも影響するのではないかと考えてしまいます。
しかし、金融機関からの在籍確認では、勤め先にわからないように個人名で連絡をしてくれるところも多く、勤め先にバレないように工夫はしてくれます。
また、楽天銀行などでは、30万円以下の借り入れなら在籍確認がないといった噂があります。
あくまでも確実にないという話ではないのですが、多くの人が在籍確認はなかったと言っていて、30万円以下の借り入れでは在籍確認なしで借りられる可能性は高いと考えられます。

2. 銀行カードローンと消費者金融で、金額の価値が違う

カードローンの利用を考えた時に、消費者金融にしようか銀行にしようかと迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
それぞれの金融機関によって、メリットやデメリットがあり、迷うのも当然です。
大手消費者金融なら、どこでも即日融資をしていて、すぐにお金を借りられるといったイメージもあります。
また、大手消費者金融の多くが無利息サービスをしていて、短期間で返済することによりお得にお金を借りられます。
銀行では、消費者金融と比べて明らかに金利が低く、この金利で選ぶのなら銀行が最適です。
この銀行と消費者金融とでは金額の価値が違い、融資額によって提出する書類にも違いがあります。

2-1. 消費者金融は50万円以上で収入証明書を確認

消費者金融では、50万円以上の借り入れの場合には収入証明書が必要となります。
これは特定の消費者金融ということではなく、どこの消費者金融でも必ず提出を求められることになります。
消費者金融のような貸金業者では総量規制が適用されているため、新規の借り入れで50万円以上になる場合には、収入証明書の提出を求めることが義務付けられています。
また、他社との借り入れの合計が100万円を超えるという場合にも、収入証明書を提出する必要があります。
しかし、銀行では、総量規制の対象外ということや金額の価値が違うため、50万円程度の借り入れでは、収入証明書は必要ありません。

2-2. 銀行カードローンはほとんどが300万円まで収入確認なし

多くの人が銀行で融資を受ける場合、住宅ローンや自動車ローンなど、数百万円から数千万といった大きな金額の融資で利用をしています。
このことからも、銀行からすれば数十万程度の融資では少額の融資となります。
少額の融資の場合、銀行では基本的に収入証明書は必要ありません。
多くの銀行が300万円までなら収入証明書は必要ないとなっていて、このことからも、消費者金融と銀行とでは金額の価値が違うと言えるのではないでしょうか。
金額の価値が違うということは、10万円の希望借入額に設定することで、銀行カードローンでは審査に通る可能性を高めることにつながると考えられます。

2-3. 「借入希望金額は審査に影響しない」は間違い!

審査で重要になるのが安定した収入があることや、過去の金融機関での利用実績です。
この2点さえ問題なければ基本的に審査には通りやすいと考えられます。
このことから、大きな借入希望金額にしても問題ないと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、この希望金額は、審査にも大きな影響を与えるポイントとなります。
カードローンでは、使用用途は基本的に自由となっているため、趣味のために使っても問題はなく、多くの借り入れが出来れば充実した生活を送れます。
しかし、金融機関にとっては、初めての利用で大きな借入希望額を求める利用者は要注意の人と判断されます。

2-4. 希望金額を大きく申告する人は審査で落とされる!

金融機関での借り入れで重要なことに信用があります。
友人同士のお金の貸し借りでも、必要なお金が10万円程度なのに、100万円必要といわれると、信用できないと思うのではないでしょうか。
このことと同じで、金融機関でも、いきなり大きなお金を要求してくる人はなかなか信用してもらえません。
カードローンのうまい申し込み方としては、最小の10万円程度でカードローンを利用できるようにしておいて、しっかりと信用を積み重ねて増額申請によって、利用限度額を増やす方法です。
しっかりとした信用さえできれば、自分が希望する利用限度額には、自分が求めなくても銀行の方から増額のお誘いがある場合もあります。

3. 少額融資専門のカードローンについて

サラリーマンの人の中には、飲み代なのどに多く使ってしまい、あと半月もあるのに、お小遣いがなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。
10万円も借りれなくても、数万円で十分という人も多くいます。
このような人なら少額融資専門のカードローンを利用する方法もあります。
金融業者からすれば、少額になればなるほど融資はしやすいと考えられ、この少額融資専門のカードローン会社では、審査に通りにくい学生などでも対象として営業をしています。
すぐにでも数万円借りたいという時には、このような業者を利用してお金を借りるのも一つの方法です。

3-1. 小口融資専門の業者は高金利!おすすめしない

少額のお金が必要という時には、小口融資専門の業者を利用するのも一つの方法なのですが、多様はおすすめできない業者です。
その理由が、金利の高さです。
小口融資専門の業者では、年20%といった高金利で融資をしているところもあります。
この20%というのは、法定金利での最大となっています。
大手消費者金融でも、延滞などをしたときに遅延損害金利として20%に設定しているところはありますが、通常の融資で20%もの金利を設定しているところはありません。
いくら少額といっても、これほど高い金利ではお得な借り方とは言えません。

4. 月々の最低返済額は低いほど利用が楽、ただし利息がかさむ

お小遣いの少ないサラリーマンにとって、気になるのが月々の返済額です。
カードローンが利用できるようになっても、月々の返済額がお小遣いから支払えないような金額では利用できません。
ソニー銀行のカードローンでは10万円以下の借り入れでは最低返済額が2,000円、イオン銀行のカードローンでは10万円以下なら3,000円が最低返済額となっていて、お小遣いの少ないサラリーマンでも返済しやすい金額といえるのではないでしょうか。
しかし、この返済額が少ないということは、返済期間も延びることになり、利息もかさむことは忘れてはいけません。

4-1. 最もおすすめなのは「三井住友カード ゴールドローン」

サラリーマンの人におすすめのカードローンとして、三井住友カード ゴールドローンがあります。
このカードローンがおすすめの点として挙げられるのが、低金利という点です。
このカードローンでは、3.5%〜9.8%という銀行の中でもかなり低い金利設定になっているのが特徴です。
また、このカードローンには、カードレスのタイプも用意されています。
カードレスタイプでは、3.5%〜9.2%と金利がさらに低い設定になります。
ローンカードを持っていることで、奥さんにばれてしまう可能性もあります。
しかし、カードレスなら奥さんにバレる心配も減り、紛失などの心配もないので、安心してお得にお金を借りることが出来ます。

4-2. 銀行のカードローンでは「みずほ銀行カードローン」がおすすめ

みずほ銀行のカードローンでは、年3.0%〜14.0%の金利が設定されています。
三井住友カード ゴールドローンと比べると、とても高い金利のような感じを受けますが、銀行カードローンの中では低めの金利設定です。
みずほ銀行はメガバンクということもあり、普段からこの銀行を利用しているという人も多いのではないでしょうか。
このみずほ銀行の口座を持っていれば、即日融資も可能となっています。
通常、審査に通ればローンカードが自宅に送られることになりますが、口座を持っている人なら、今持っているキャッシュカードで借り入れをすることも可能となり、誰にも知られることなく、カードローンが利用できるようになるのも、この銀行のメリットです。