お金 借りる 審査甘い

お金を借りる際の審査について

カードローンやキャッシングが利用できれば、とても便利です。
利用限度額内でいつでもお金を借りることができ、急な出費の時、ついお金を使い過ぎてしまった時、ほしいものがあるのに手持ちが足りないという時には、頼りになります。
カードローンやキャッシングの利用を考えた時、気になるのが審査です。
ネットでは、「このカードローンは審査が甘い」、「このカードローンは審査に通りやすい」といった口コミを見ることもできます。
しかし、実際に審査が甘いことなどあるのでしょうか?
また、その他にもカードローンやキャッシングの審査については、気になる点が多いのではないかと思います。
そこで、このページでは、お金を借りる際の審査について解説していきます。

 

お金 借りる 審査甘い

 

カードローンやキャッシングの審査が甘い事ってある?

もし、審査が甘い金融機関があるのなら、誰でもぜひ利用したいところですよね。
しかし、どんな金融機関でも、いい加減な審査はしていません。
いい加減な審査をして返済できない利用者が増えると、金融機関の収益に直結するからです。
返済ができない人に融資をしてしまえば、貸し倒れの危険があり、利益どころか損失を受けてしまいます。
そのため、融資をする場合には必ず審査を行い、確実な返済ができる人なのか、信用できる人なのかをチェックします。
そのため、審査が甘いということはまずありえないのです。
しかし、金融機関によっては、審査の基準が多少は違います。

 

銀行カードローンは審査が厳しい

銀行カードローンは総量規制対象外で、しかも低金利であることが魅力の商品です。
総量規制対象外なので、年収の1/3以上の借入をすることもでき、低金利であることで支払利息の負担も軽減できます。
しかし、銀行カードローンは一般的に審査が厳しいと言われています。
審査が厳しいと言われる理由の一つに、利用している信用情報機関の多さがあります。
銀行と消費者金融とでは、加入している信用情報機関に違いがあり、加入している信用情報機関が少なければ、それだけチェック漏れも発生し審査が甘いという印象を与えます。
大手銀行は消費者金融を保証会社とし、全ての信用情報機関から信用情報を確認することができるのですが、情報量の多さから審査が厳しくなると考えられます。
なお、信用情報とは、個人の借入履歴などが記録された情報のことです。
カードローン審査では、必ず申込者の信用情報がチェックされ、融資の可否が判断されます。

 

消費者金融は比較的審査に通りやすい

消費者金融は比較的審査に通りやすいと言われますが、その理由は2つ考えられます。
一つ目の理由は、金利が高い事です。
一般的に、金利が低いほど審査は厳しくなる傾向にあるのですが、消費者金融は大抵が法定金利ギリギリの高い水準に設定されています。
そのため、低金利の銀行カードローンと比べると、審査に通りやすいと言われます。
二つ目の理由は、総量規制です。
消費者金融は、銀行と違って貸金業法にもとづいて営業する貸金業者にあたります。
貸金業者からの借入には総量規制が適用され、借入は年収の1/3までに制限されます。
総量規制ができたことで、利用者は貸金業者から高額な融資を受ける事が難しくなりました。
しかし、貸金業者からすれば、それだけ融資に対してリスクがなくなったとも言えます。
年収の1/3までに融資額が制限されることにより、確実な返済が期待できるため、審査通過率が高くなっているのではないでしょうか。
最近ではCMなどの影響から、消費者金融といえば大手消費者金融というイメージもありますが、中小消費者金融も多く存在しています。
中小消費者金融は利用者を大手消費者金融に奪われていることから、少しでも利用客を増やそうと、大手消費者金融より審査に通りやすい傾向があるようです。

 

審査に通りたいなら中小消費者金融がおすすめ!

審査がないというわけではありませんが、少しでも審査が緩い金融機関を選びたいと考えている人には、中小消費者金融がおすすめです。
中小消費者金融はいわゆる街金のことで、あまりいいイメージを持っていない人が多いようです。
街金を闇金と勘違いしている人もいるかもしれませんが、れっきとした金融機関です。
大手消費者金融は5社程度しかありませんが、中小消費者金融は全国に数百社も存在し、消費者の強い味方となっています。
本当に申し込んでも大丈夫なのかと不安を感じる人もいるかもしれませんが、貸金業者として正式に登録をされているため、安心して利用することができます。
そこで、ここからは、審査が不安な方におすすめの中小消費者金融を紹介していきます。

 

30日間の無利息サービスあり!フタバ

東京に本社を構える貸金業者フタバは、貸金業登録もされ、創業は昭和38年と実績豊富な点から、安心して利用することができる中小消費者金融です。
融資額は10万円〜50万円と少額融資専門なのですが、金利は年14.959%〜17.950%と、大手消費者金融と比べても大きな差はありません。
パソコンや携帯、電話からの申し込みができるため、来店不要で即日融資も可能です。
銀行カードローンにはほとんどない30日間無利息サービスもありますし、古くから営業しているという安心感もあります。
フタバなら、大手消費者金融並みのサービスを受けることができます。

 

独自審査基準で通りやすい!アスカ

博多駅近くにある中小消費者金融のアスカもおすすめの貸金業者です。
日本貸金業協会にも加入し、安心して利用することができます。
パソコンやスマートフォン、携帯電話で申し込みができ、個人向けの少額融資は5万円〜50万円まで、金利は年18.0%〜20.0%です。
また、「他の金融機関で審査に落ちたけど、アスカの審査に通った!」という口コミもあるなど、独自審査基準で審査に通りやすいと評判です。
大手消費者金融や銀行カードローンの場合、信用情報に少しでも問題があると審査には通りません。
しかし、中小消費者金融は、一定の条件を満たしている方なら、アスカのように審査通過の可能性があります。

 

来店不要で即日融資もOK!フクホー

フクホーは大阪にある中小消費者金融で、創業は昭和45年と、フタバ同様に豊富な実績があり安心して利用できる貸金業者です。
フタバやアスカは、個人向け融資が50万円までと少額融資でしたが、フクホーは200万円までの融資が可能です。
金利は5万円〜10万円未満が年7.3%〜20.0%、10万円〜100万円未満が年7.3%〜18.0%、100万円〜200万円で年7.3%〜15.0%となっています。
ただし、新規契約の場合、初回は50万円までの融資と決まっています。
申し込みも簡単で、電話やインターネットが利用できるため、来店不要で即日融資もできます。

 

中小消費者金融なら誰でも借りられるの?

お金 借りる 審査甘い

自己破産などの債務整理をしてしまうと、基本的にどの金融機関からも融資を受けることができません。
しかし、債務整理後でも、突然の出費によってどうしてもお金が必要ということがあります。
このような時に助けとなるのが中小消費者金融です。
おすすめの中小消費者金融として紹介した会社は、債務整理後でも融資をした実績があるようです。
このような実績があると、中小消費者金融なら誰でも借りられるのかと思ってしまいますよね?
しかし、中小消費者金融もしっかりと審査をしたうえで融資をしています。

 

ブラックや無職だと審査通過は難しい

債務整理後は、信用情報にその事実が記録され、ブラック扱いを受けることになります。
そのため、どの金融機関も基本的に融資をしていません。
これは中小消費者金融でも基本的に同じで、ブラックや無職の場合、審査通過は難しいでしょう。
しかし、安定した収入があり、債務整理後にすべての借金を完済している状態であれば、中小消費者金融なら融資が受けられる可能性はあります。
返済が続いている状態、無職でブラックの状態では融資は難しいでしょうが、そうでないのであれば信用情報に傷が付いている状態でも、中小消費者金融は柔軟に対応してくれます。

 

未成年の借入も不可

中小消費者金融は、審査のハードルがかなり低いと考えられ、誰でも融資が受けられるという印象を受けます。
しかし、中小消費者金融でも利用できない人もいます。
それが未成年者です。
たとえ安定した収入があったとしても、未成年者は中小消費者金融からの借入はできません。
その李勇は、法律上、未成年者の契約は無効にすることができるからです。
そのため、一般的な金融機関では融資対象を満20歳以上と定めています。
これは、中小消費者金融でも同じです。
未成年者が金融機関からの借入を考えるのなら、18歳以上で利用できる学生ローンなどの利用を考えることをおすすめします。

 

アルバイトや学生なら借りられる

学生でも20歳以上で安定した収入があれば、問題なく中小消費者金融からお金を借りることができます。
アルバイトで収入がある学生やパート主婦の場合、収入が少ないために金融機関の審査が難しいのではないかと思っている人も多くいます。
収入の多さも審査では重要なポイントの一つなのですが、実は、継続安定した収入というのがさらに重要です。
とはいっても、収入の少ない人はどうしても不安に思ってしまいますよね?
中小消費者金融は、様々な立場の人を柔軟に判断して審査をしてくれるので、収入の少ないアルバイトやパート主婦も安心して利用できる金融機関と言えます。

 

審査に通るためのポイントをチェック!

そもそも審査では何をチェックされるのかと、疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。
各金融機関によって審査基準は違うのですが、チェックするポイントはほぼ同じと考えてもよいでしょう。
そのため、事前にこのポイントを知っておくことで審査通過の可能性を高めることができます。
審査のチェックポイントを満たしている方であれば、審査通過の可能性は高いでしょう。
ここからは、審査に通るためのポイントを紹介していきます。
今の自分を状況を確認し、改善できる部分は改善してから申し込みをすることにより、審査通過の可能性を高めることができます。

 

大前提は安定した収入があること

キャッシングやカードローンを利用する上での必須条件が、安定した収入があることです。
当然ですが、無職の方は審査に通ることができません。
これは、大手消費者金融や銀行だけでなく、中小消費者金融でも同じです。
安定した収入とは、収入の多い少ないではなく、継続して収入が得られているかどうかです。
そのため、審査では勤続年数が重要なポイントとなります。
一般的に審査で求められる勤続年数が、最低でも半年と言われます。
また、1年以上の勤続年数があれば、審査通過の可能性が高くなります。
収入の少ないパートやアルバイトの方でも、勤続年数は長いほど審査では有利です。

 

信用情報もチェックされる

審査では他社借入額や返済状況も重要なポイントです。
他社からの借入状況は、信用情報から確認できるため、カードローンやキャッシングの審査では必ず調べられます。
もしも、信用情報に返済の遅延や自己破産などの債務整理の情報が記録されていると、審査では大きなマイナスポイントとなってしまいます。
しかし、いつまでもこのような情報が記録されているわけではなく、一定期間で信用情報の記録は消去されます。
そのため、過去に債務整理をしたからといって、いつまでも金融機関からお金を借りられないということはありません。
自分の信用情報を確認することもできるので、気になるという方は、今どのような情報が記録されているのかをチェックしてみるのも大切です。

 

勤務先への在籍確認

審査では、申込書に記入された勤務先に本当に勤務しているのかどうかを確認するために、直接職場に電話をかけて確認します。
この確認のことを在籍確認と呼ぶのですが、キャッシングやカードローンを利用する際、在籍確認が心配という方も多いようです。
「金融機関からの連絡によって、借入が勤務先にばれてしまわないか」と心配する方が多いようですが、審査の担当者は会社名を出して電話をかけてくることはなく、個人名によって電話をかけてくれるので安心です。
また、勤務していることがわかる、健康保険証や社員証、給与明細書などの提出によって、稀に在籍確認なしにしてくれるケースもあります。
従って、どうしても在籍確認をされたくないという方は、事前に相談してみることをおすすめします。

 

嘘の申告や記入漏れはNG

継続安定した収入があり、信用情報にも問題がないのに審査落ちをするという方も意外に多くいます。
この原因が申込書への記入内容です。
審査では、申し込み時に記入した情報を基に融資が可能かどうか判断します。
そのため、「審査で有利になるように」と嘘の申告をしてしまう方がいるようです。
しかし、調べれば嘘はすぐばれてしまいますし、嘘の申告をする申込者に融資する金融機関はありません。
間違いなく審査に落ちてしまいますから、注意しましょう。
また、これは嘘の申告だけではなく、記入漏れといった場合でも同じです。
そのため、申込書の記入は正直に正確な情報を記入し、記入後には何度もチェックをすることが大切です。
パソコンでの申し込みでは申込フォームから入力することになりますが、キーボード操作の誤りによって記入ミスも起こります。
何度もチェックをしてから送信するようにしましょう。

 

申し込みは1社に絞る

多くの方がやりがちなことで、審査落ちの原因となるのが、複数社への同時申込です。
「複数社に申し込みをすれば、どこかは審査には通るのではないか」と、1日に複数の金融機関に申し込みをするという方もいます。
しかし、複数社への申し込みは申込ブラックと呼ばれ、金融機関からは大きな信用を失う行為であり、審査落ちの原因となります。
また、一月に4社以上申し込みをした場合にも、申込ブラックと判断されることがあります。
申し込みをする場合には、1社に絞り、審査結果を聞いてから他社への申し込みを考えることが大切です。

 

ブラックOK!審査なし!は闇金です

「ブラックOK」や「審査なし」といった謳い文句の業者は、間違いなく闇金です。
債務整理や複数社への同時申し込みをしてしまい、ブラック扱いとなると基本的に一定期間はどこの金融機関からもお金を借りることができません。
しかし、「どうにかしてお金を借りたい!」と思い、闇金を利用してしまうと、さらに状況が悪化するだけです。
仮にお金を借りられたとしても、とても払えないような利息を請求されます。
また、利息が支払えないと、利用者だけでなく、その家族や職場の方にまで迷惑をかけることにもなります。
このような事態を起こさないためにも、甘い謳い文句の業者には注意をしましょう。

 

個人からの借入も避けるべき

金融機関を利用しなくてもお金を借りる方法はあります。
例えば、親や親せきなどからお金を借りた経験がある方もいるでしょう。
この借入方法なら、利息の支払いなしでお金を借りることができるかもしれません。
また、親しい友人からお金を借りるという方法もあります。
しかし、いずれの方法も、返済が遅れるた場合はトラブルの原因となり、人間関係が壊れる可能性もあるため、あまりおすすめはできません。
その点、金融機関からの借入は利息を支払う必要がありますが、古くからの人間関係が壊れるようなことはありません。
金融機関が利用できる状況であれば、信用できる金融機関でお金を借りることをおすすめします。

 

まとめ

金が必要になった時に便利なのが、カードローンやキャッシングです。
消費者金融や銀行カードローンなど、借入先は多くあります。
しかし、金融機関からお金を借りる場合、必ず審査が行われます。
審査で重要となるのは、安定した収入と信用情報ですが、その他にも申し込み方などいくつか注意点があります。
審査に通るためのポイントをしっかりと確認し、返済計画を立てた上で、審査へ申し込んでみましょう。